X men 登場 人物

Add: vujupu6 - Date: 2020-12-01 01:52:28 - Views: 9442 - Clicks: 5239

金属ミュータントのコロッサスと戦うときは、センチネルの身体も金属に 4. プロフェッサーXは、世界最強のテレパス。他人の精神を「自在にコントロール」する能力がある。具体的には、 1. アポカリプスの本名はエン・サバー・ヌール、“第一の者”という意味になります。 原作の設定では、自分の体を自由に変えることが出来、約800km/hのスピード、テレポート能力、ハルク並の怪力など、ミュータントの中でも最強の能力です。 冷酷な性格なのですが、自分のためではなく「信念のために行動する」という悪役です。 シリーズ第4作「X-メン:ファースト・ジェネレーション」()の舞台は1960年代、第5作「X-MEN:フューチャー&パスト」()では1970年代がメインの舞台でした。 そして今回1983年を中心に描かれ、この流れが第1作につながっていきます。.

ベン・ハーディ 巨大な白い翼をもち、自由自在に飛行できる。 東ベルリンのファイトクラブで王者として君臨。. See full list on writerzlab. (C) Twentieth Century Fox. オスカー・アイザック 1万年以上前に現れた人類初のミュータント。 他のミュータントに転移することでそのパワーを増強してきた。 人間の文明が堕落すると、自分が支配して正そうという意志があり、目覚めた1983年でもその使命を遂行しようとする。 4人のミュータント”黙示録の四騎士”を支配下に置き、プロフェッサーXに転移して最強のパワーを手に入れようとする。 サイロック. ストーム(ハル・ベリー) 6.

アークエンジェルの能力は、生まれ持った翼による飛行能力です。 初登場時は「ただ飛べるだけ」のミュータントで、戦闘力的には雑魚でしたが、それでも飛行能力は大きなアドバンテージでした。 その後、『X-MEN: アポカリプス』に再登場し、今度は鋼鉄の翼を手に入れ、翼で叩きつけたり羽の1本1本を相手に飛ばしたりと、能力的にもグッと強くなっていました。アポカリプス側のヴィランとして大活躍。 ヒーローなのかヴィランなのか、映画シリーズ的には怪しいですが、最初はヒーロー寄りだったので、こちらに分類しました。. クイックシルバーの能力は、超高速移動。 それだけ? そうです。 しかし、他の高速移動能力をもつカリストらとは、そのスピードは全く異なるのです。 クイックシルバーにとっては、世界はいつもゆっくりで、実質的には「ほぼ止まってる」状態で時間が流れてます。他の高速移動能力のミュータントですら、クイックシルバーにしてみれば、「ゆっくり歩いている」レベルのスピードでしょう。 世界が滅亡するほどの攻撃でも一瞬で避難できるし、「止まってる」最強の敵に一矢報いることも容易なはず。ただし、攻撃力がないので、強さはBランクとしました。 ちなみに、マグニートーの実の息子で、スカーレットウィッチ(まだ出てきてない)は双子の姉です。. 『x-men』シリーズの映画はどの作品から見ても単体作品として十分楽しめますが、時系列に見るとより登場人物たちに共感ですることができ. 映画「X-MEN」シリーズは、マーベルコミックのスーパーヒーローを題材にしている映画シリーズです。今回はそんな「X-MEN」シリーズの第二弾である映画「X-MEN2」について紹介をしていきます。年に公開された映画「X-MEN2」のあらすじから結末までのストーリーのネタバレや、ウルヴァリンの.

センチネルは、人類が作り上げたアンドロイド兵器。(ボリバー・トラスクが考案) ミスティークの遺伝子を元に作られていて、どんな攻撃を受けようが、それに適した身体に変化することで無効化できる。たとえば、 1. ミスティークの能力は、卓越した「変身能力」です。 b見た目だけじゃなく声や服装までも、完全再現ができてしまいます。そのため、スパイ活動をすることが多い。 しかし、相手の能力まで再現できるわけではないので、いざ戦闘になると「対人格闘術」だけで戦うことになる。その点で、そこそこ戦えはするが、戦闘能力自体はあまり高くない。 見た目にコンプレックスがあるので、見た目を認めてくれるマグニートーをしたっている。 原作コミックスでは、ナイトクローラーという息子がいます。映画では生かされてない設定ですが、「彼の肌が青い」のはそのためです。. クイックシルバー (Quicksilver). それでは、『X-MEN』シリーズの時系列について検証していきましょう。 『X-MEN』シリーズは大まかに分けて初期の三部作と後期の四部作とは時間軸が大いに異なっており、スピンオフも交えるとかなり複雑な時系列となっています。 ただし、『デッドプール』シリーズは本編とは世界観を共有しながらも完全に独立した別路線であるため、ここでは本編7作+『ウルヴァリン』三部作の時系列について取り上げていきましょう。 『X-MEN』シリーズは第5作『X-MEN:フューチャー&パスト』で歴史改変が行われており、旧三部作と『フューチャー&パスト』以降では時間軸が異なってきております。 それでは、時系列の順番に整理していきましょう。 x men 登場 人物 1. 『X-MEN』 シリーズの原点である第1作は年を舞台としています。 8.

一方、大統領襲撃を受けて、元軍人のウィリアム・ストライカーが大統領にプロフェッサーX率いる学園にジェット機が隠されていたり、ミュータントの陰謀と関係があるという情報を流します。そこにはあれ?前作で死んだはずのケリー上院議員も。変身したミスティークが同席し、マグニートーの所在を探そうと潜り込んでいました。 ストライカーはプラスチック製の監獄にいるマグニートーと接触し、彼の首筋に自身が開発した薬剤を投与し、マグニートーがもつ全ての情報を白状させます。それは、ナイトクロウラーの首筋にある同じ印でした。 ミスティークは変身能力を利用し、ストライカーが管理する機密情報にアクセス、マグニートーの所在地を突き止めます。そしてそこにはなぜか、プロフェッサーXが使うセレブロのデータとともに「セレブロ2」の設計図を見つけてしまいます。. 超人的な腕力・耐久力 ・スピード 2. . 『X-MEN:アポカリプス』 1983年に復活した最強ミュータント“アポカリプス”との決戦が描かれます。 6. 遠隔的な意思疎通(テレパシー)。 3. “X-MEN”(エックスメン)とは、突然変異または人体実験などにより超人的な能力を身につけた“ミュータント”からなるスーパーヒーロー集団のことです。 ミュータントはその人智を超えた能力がゆえに普通の一般人から敵視されることが多く、X-MENの創始者でリーダーのプロフェッサーXはミュータントを保護し正しい道に導くべく「恵まれし子らの学園」を創設、X-MENは基本的にこの学園を活動拠点としています。 なお、ミュータントと一般人との対立は現実社会に蔓延るあらゆる差別や人種間の対立を反映させたものとなっており、よりストーリーに真実味を与えるものとなってます。 ミュータントの中には己の欲望や悪事のために力を行使するものも少なくなく、またデッドプールのようにいかなる勢力にも属さない一匹狼のような者も存在します。. 後にXファクターにも参加しており、X-メンとも交流を深めた。 5.

サイリーンの能力は、超音波を放つこと。「ソニック・スクリーム」と呼ばれています。 映画に登場したサイリーンは、まだ子供で守られる側のミュータントでした。コロッサスに抱っこされて、運ばれていましたね。 サイリーンは、バンシー(映画『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』に登場)の娘です。能力も同じですね。同じDランクですが、バンシーよりもさらに弱いミュータントです。. X-MENシリーズ最新作の「X-MEN:アポカリプス」は、シリーズ通算第8作目に当たります。 x men 登場 人物 本作のヴィラン(悪役)であるアポカリプスは、「X-MEN:フューチャー&パスト」のエンディングでこっそり登場していたといいます。 今度の舞台は、前作「X-MEN:フューチャー&パスト」から10年後の1983年になります。 文明が興る前から『神』として世界を統べていたアポカリプスは、長き眠りから目覚め、世界が間違った方向に進んでいるとして、世界を滅ぼそうとします。 ミュータントたちは彼を止めようとするのですが、アポカリプスの力はあまりにも大きくて. 1990年代に発表されたエピソード『エクスキューショナーズ・ソング』では、プロフェッサーXがストライフ(サイクロップスとジーン・グレイの息子のクローン)によって暗殺されかけてしまう。アポカリプスを恨んでいたストライフは、プロフェッサーXの暗殺を試みたあと、復讐のためアポカリプスを殺しに向かうのだった。サイクロップスに倒されて休眠ポッドで回復中だったアポカリプスは、ストライフに全く歯が立たず、X-メンの基地に逃げるのだ。 x men 登場 人物 狙撃されたプロフェッサーXは、弾に仕込まれたテクノオーガニックウイルスに感染していたが、アポカリプスはこれを除去し、X-メンと協力してストライフを倒そうとする。圧倒的なストライフ側の戦力にアポカリプスは敗北するが、この助力によってX-メンは勝利を収めるのだった。 このエピソードのアポカリプスは、映画と異なり少し弱体化している。一緒に戦うX-メンには人情深いところは映画と共通しているだろう。このエピソードは小学館時代に和訳されている有名な話なので、古本屋で見つけることができるかもしれない。.

本名:ビクター・クリード 2. ローグの能力は、肌に触れることで「相手の生命力」を吸収すること。 どんな相手でも「ただ触るだけ」で殺すことができて「無敵」ですが、戦うことに積極的な性格ではありません。むしろ、肌が触れないよう、常に「手袋」をしています。 この能力のせいで恋愛ができない。というのがコンプレックス。 ちなみに、自分自身が瀕死状態のときには、ヒーリングファクター能力を持つウルヴァリンに触れることで蘇生ができる。 リーチから作られたミュータント治療薬「キュア」によって、能力がなくなってしまう。. 本名:エリック・マグナス・レーンシャー(旧名:マックス・アイゼンハート) 2.

3 『x-men アポカリプス』()のキャスト・登場人物(キャラクター)の解説 3. 素粒子レベルで物質を変換 2. See more results.

父がマグニートーなだけに、最初はx-menの敵として登場しますが、後にx-menに加わり、活動をしていくんです。 年、ignという企業がが発表した「歴代のx-メントップ25」で、23位にランクイン。. 『X-MEN: ファーストジェネレーション』に出てきたヴィランで、ラスボス。 それがセバスチャン・ショウです。 能力は単純で「あらゆるエネルギーを吸収する」というもので、 この能力によりセバスチャン・ショウは誰からどんな攻撃を受けてもノーダメージで、取り込んだエネルギーも自分のモノとして放出することができます。 若い頃のマグニートーをまるで「赤子」のように扱うなど、とてつもない強さですよ。 セバスチャン・ショウはマグニートーと同じように、テレパス(プロフェッサーX)対策として特殊なヘルメットを被っています。 ヘルメットがなければ、プロフェッサーXには歯が立たないようです。. テレポート 4. See full list on cinemazuki. 1 ジーン・グレイ(演:ソフィー・ターナー)日本語吹替:能登麻美子 3. 登録日:/05/06 (日) 00:17:12 更新日:/10/:50:48 所要時間:約 8 分で読めます タグ一覧 marvel x-men xメン たまに上手.

ミスティーク(レベッカ・ローミン・ステイモス) ここからは、初登場キャストのご紹介です。. 1963年9月の原作コミック開始以来、ものすごい勢いで増殖し続けてきたx-menシリーズおよびそのキャラクターたち。 シリーズがいま、どんな状況になっているかは こちら をご覧いただくとして、それだけ膨大な数のミュータンツを2時間程度(たぶん)の. そんな悪の道に走ったミュータントを止め、正義と平和のもとにミュータントたちの尊厳を勝ち取るために結成されたのが、x-menです。 そこで今回は、x-menの主要キャラクターたちをまとめていきます。 スポンサーリンク 第二期以降のx-menメンバー 映画でのなじみの、ウルヴァリンやストーム、コロッサスなどのキャラクターは、これ以降に登場します。. 現実を思いのままに変えられる というもの。 「思うだけ」で自動車が宙を舞い、物質が塵(ちり)になり、生物も消滅する。 この能力的には無敵ですよ、完全に。 アポカリプスでも勝てないんじゃないかなとか思っています。 ただ、能力的には無敵だけど勝つ方法はある。アダマンチウムの骨格さえ無事なら死滅せずに肉体が復元されるウルヴァリンが、ジーン・グレイと対話しつつフェニックスを殺せたので。 映画の中のヴィランとして、フェニックスはそういう魅力的な存在になっていますね。. See full list on d-kamiichi. 『X-MEN:ファイナル・ディシジョン』 歴史改変の影響でジーン・グレイが“フェニックス”として覚醒する時期が『ダーク・フェニックス』とは異なっていますが、旧タイムラインでは年代末に起こった事件を描きます。 10. X-MENのBランクヒーローの一覧 4.

マグニートー (Magneto). 精神力でつくった剣「サイキックナイフ」 という感じ。映画『X-MEN: ファイナル ディシジョン』においては、マグニートー側のヴィランの1人に過ぎず、能力もテレポートするだけの地味な役割でした。 『X-MEN: アポカリプス』では一気に強くなり、原作コミックスの設定に近づく。エネルギーを剣や鞭に変える「サイキックナイフ」を使い、X-MENたちと戦いました。日本刀も使い、剣術も得意です。. ジーン・グレイの能力は、「テレパシー」と「サイコキネシス」です。 ジーンは能力が覚醒するとフェニックスとなって最強ですが、プロフェッサーXが封じ込めていて、小さなパワーしか出せずコントロールも出来ません。 単純なテレパシーならできるので、プロフェッサーXの不在時になると頼りになる存在になります。 「潜在能力が高すぎる」ゆえの不遇なキャラクターですね。. 気流を操って空を飛ぶ の2つが主な能力です。 圧倒的な存在感を誇るストームですが、その能力で無双することはあまりないですね。 一発の攻撃力はサイクロップスの方が明らかに上だと思いますが、能力だけ見るとストームの方が強いし、便利。 映画の中ではそこまでストームの活躍の場は多くないのですが、便利すぎる能力ゆえかなと思います。.

人物 9 x-men トード/モルティマ・トインビー 俳優:レイ・パーク トード/モルティマ・トインビーは、マグニートーの手下のミュータントである、映画「x-men」の登場人物。緑色の髪と皮膚がトレードマーク。. X-MENのDランクヒーローの一覧 6. オリヴィア・マン 日本の犯罪集団の下で、戦闘力を手に入れたとされる。 忍者の技を使い、ジャンプ力や瞬発力がハイレベル。 金属も切断可能な剣やナイフ、長いムチを武器に、迷いもなく相手を殺す。 さらにテレパシー能力も備えている。ミュータント・ハンターのボディガードをしていたところをアポカリプスに見出され、”黙示録の四騎士”に加わる。 オロロ・マンロー / ストーム. セイバートゥース (Sabretooth). ジェームズ・マカヴォイ 史上最強のテレパシー能力を持ち、他人の心をコントロールすることができる。 ”恵まれし子らの学園”であるエグゼビア・スクールを設立。 建物内にある巨大ドーム型の「セレブロ」で、テレパシーを極限状態で使うことが可能となった。 その能力ゆえにアポカリプスに狙われる。 エリック・レーンシャー / マグニートー. ストームの能力は、簡単で、「天候を操る」というもの。 1. X-men x men 登場 人物 アポカリプスの登場人物 その4.

【ネタバレあり】『x-men』の登場人物・メンバー・キャラクターを紹介 磁界王マグニートーとミスティーク©th Century Fox 『X-MEN』()の多彩な登場人物を紹介していきます。. 本名:チャールズ・フランシス・エグゼビア 2. 怪力 能力だけでなく、強さ自体もウルヴァリンと互角でしたが、機転を利かしたウルヴァリンがギリギリのところで勝利。レディ・デスストライクは死亡しました。「感情や知性に乏しいところ」が欠点だと言えますね。 アダマンチウムの爪も、ウルヴァリンより「女性的」な見た目をしています。. 『メシア・ウォー』というストーリーラインで、X-Force(X-メンの極秘チーム)は未来に行き、逃亡生活をしていたケーブルと、ミュータントの救世主とされる少女ホープを救おうとする。しかしホープがストライフに奪われてしまい、X-Forceとケーブルは窮地に立たされてしまう。そこに助けにやってきたのはなんと未来のアポカリプス。あっさりとホープをストライフから取り戻し、X-Force陣営に引き渡している。 本記事で紹介した一つ目のエピソード「X-メンとの共闘」で敗北してから、アポカリプスはストライフに(現実世界では)20年ぶりの復讐を果たしている。結果的にただのヒーローになってしまう面は、もちろん映画では取り上げられていない. 「磁界王」と呼ばれる最強のヴィラン。 それがマグニートー。 原作コミックスでも最強のミュータントとされていますが、映画においても「X-MEN最大の敵」として君臨し続けてきました。 マグニートーの能力は「磁気の力であらゆる金属を操る」というものです。 世界中の金属から体内の鉄分までとにかく金属なら何でも遠隔操作でき、ウルヴァリンなどの金属系のミュータントには楽勝で勝てます。.

X-MENのSランクヴィランの一覧 7. . そして「エネルギーブラスト」という超破壊光線も出すことが可能。 このようにあらゆるミュータントの能力を使えるわけです。 センチネルはあまりに強すぎて数も多すぎるため、ほとんどのミュータントが死滅することになりました。さらに末期になるとミュータント擁護派の人間までも殺し出し、世界が滅亡寸前になってしまいます。 X-MENらは戦っても勝ち目はないので「過去を変える」道を選ぶしかなかったのです。 参照→X-MENの時系列. X-MENのCランクヴィランの一覧 10.

『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』(前半) 物語はウルヴァリンが幼少期だった1845年から始まります。 2. 突然変異によって超人的能力を持ったミュータント集団である。ミュータントの中には過激な思想を持ったミュータントもおり、x-menは人間と共存する道を選んだミュータントである。 x-menのメンバー. 幻覚を見せる 2. 6月21日に公開するX-MEN x men 登場 人物 ダークフェニックス。 今回は登場人物・キャラクターにフォーカスして見ていこうと思います。ウルヴァリンことローガンはダークフェニックスに登場するのか。その他前作アポカリプスに登場したキャラク. 腕力・俊敏性 4. X-MENのAランクヒーローの一覧 3. 【監督・製作:ブライアン・シンガー】 「パブリック・アクセス」(1993)で脚本兼監督デビュー。 「ユージュアル・サスペクツ」(1995)がアカデミー助演男優賞と脚本賞を受賞し、一躍注目を浴びた。 「X-メン」シリーズでは「X-メン」()で原案兼監督、「X-MEN2」()で監督兼制作、「X-メン:ファースト・ジェネレーション」()で原案兼製作、「X-メン:フューチャー&パスト」()では監督と製作を担当。 その他の監督作は「ゴールデンボーイ」(1998)、「スーパーマン リターンズ」()、「ワルキューレ」()、「ジャックと天空の巨人」()など。 【製作・脚本:サイモン・キンバーグ】 コロンビア大学在学中に執筆した「Mr. x-menの登場人物【x-メン】・プロフェッサーx・ローガン/ウルヴァリン・ジーン(フェニックス)・ローグ・サイクロップス.

ファンタスティックとインビジブルウーマンの息子)を自身の体内に幽閉していた。ケーブルとインビジブルウーマンが、フランクリン奪回のため共闘しようとするところに、アポカリプスが助けを申し出る。しかし、フランクリンを暗殺してオンスロートを弱体化しようという真の目的がケーブルにバレてしまい、あっさり反撃に遭ってしまう。ヒーローたちが自己犠牲によりオンスロートを撃退したあと、アポカリプスが「自分の時代が来た」と言ってほくそ笑む姿は必見である。 映画ではマグニートー、サイロック、ストーム、エンジェルを従えつつ、自分自身も戦力として大活躍していたアポカリプスだが、この『オンスロート』では“暗躍”という言葉がよく似合い、自身は最小限の力で世界を手に入れようとしている。こちらも小学館時代に和訳済なので、古本屋で見つけることができるかもしれない。. X-MENのAランクヴィランの一覧 8. 影をつたってテレポートする 2. アイスマンの氷攻撃を受けると、サンスポットのような能力になる 3. サイロックの能力は、 1. ジーンの力は強大でしたね、プロフェッサーXの右腕なだけあります。次作以降もジーンがX-Menやミュータント存続の鍵を握ることになり、彼女の中に封じ込められた「フェニックス」という名の人格が持つパワーが世界に大きな影響を与えることになることを予想させます。 ウルヴァリンは、自身に組み込まれたアダマンチウムの謎がわかった上で、ウェポンX計画の存在をより掘り下げていくこととなるでしょう。それもそのはず、ミュータントの力を利用しようと目論む人類の存在が明らかになり、ストライカーは今回その代表格です。 プロフェッサーXとマグニートーが読む「永遠の王」は深い話です。「平和な世界を築くために“戦う”」という矛盾した問題を抱えた作品だからです。二人が同じものを読み、子供にも伝えていることは、今後もこの大きな問題は続いていくであろうことを示唆しています。 続く3作目「X-MEN ファイナルデシジョン」に備え、このネタを手に本作を満喫して、X-MENの世界を楽しんでくださいね!.

x men 登場 人物 ローグ(アンナ・パキン) 9. ホワイトハウスの室内観光に紛れ、トレンチコートを着て空間を飛び回るミュータント、ナイトクロウラーが出現し、大統領を襲おうとする事件が発生しました。この事件を知ったX-MENたちは「恵まれし子らの学園」に集結し、事件の真相をつかむべく動き始めます。プロフェッサーXはセレブロを使って、ナイトクロウラーの特定を急ぎます。 前作で自身の過去を握る鍵が、カナダのアルカリ湖にあると知らされたウルヴァリンは、アルカリ湖にある廃墟を確認後、学園に戻り、ローグらとの再会を喜びます。 ナイトクロウラーがボストンにいることをつきとめたX-MENは、ストームとジーンが会いに行き、首筋に謎の印を見つけます。どうやら誰かに操られていたらしいことがわかります。. 。 アポカリプスの”黙示録の四騎士”に加わり、再びX-MENと対立することに。 エン・サバ・ヌール/ アポカリプス.

x men 登場 人物 X-Men のファン達もその演技に概ね満足 していると思うんですが. ウルヴァリンの生まれ持った能力は、超回復能力「ヒーリングファクター」と出し入れできる骨の爪「ボーンクロー」だけ。 それでもウルヴァリンはとても強く、セイバートゥースと共に、1861年から戦い抜いてきました。やがて人体実験により、ウルヴァリンは最強の金属「アダマンチウム」の骨格と爪を手に入れます。 アダマンチウムは、滅多なことでは壊れないので、アダマンチウムさえ無事なら、肉体が滅びようが「ヒーリングファクター」で蘇生することができる。 要するに「不死身の肉体」がウルヴァリンの最大の武器であり、強みなのです。 回復能力を持つミュータントは他にもいますが、肉体が消滅するほどの攻撃を受ければ、ウルヴァリンのように復活することはできません。 ちなみに、レディ・デスストライクというヴィランは、ウルヴァリンと全く同じ能力を持ったミュータントです。. リーチの能力は、周囲のミュータントの能力を「無効化」すること。 映画ではまだ子供だったので戦闘力はほぼ0でした。しかし、能力だけ見ると明らかに特異で無敵です。 リーチの能力を利用して人間が作り上げたのが「キュア」という対ミュータント治療薬。キュアは注射だけでミュータントの能力を殺せる最強の武器となりました。 リーチだったらアポカリプスと接近しても無効化で負けないでしょう。 遠距離からの攻撃を受けない限りは・・・・・・。 能力自体は最強だけど、使いこなせてないのでAランクです!. ウルヴァリンと同じ超人兵士開発プロジェクトから生まれたミュータント。ルピンの末裔。アダマンチウムで覆われた牙と怪力を武器とし、超回復能力ヒーリングファクターを持つ。ウルヴァリンの過去の一端を知り、ロミュラスから指令を受け彼の人生を狂わせてきた。カナダの小屋でウルヴァリンの恋人、シルバー・フォックスを惨殺して以降、誕生日が訪れる毎に彼の大事な物を奪うという偏執的な趣味を持つ。一時期はウルヴァリンの父親であるという偽の記憶を植えつけられていた。かつてテレパス能力をもち重火器の扱いに長けたミュータント・バーディーとコンビを組んで闘争本能の暴走を防いでいたが、グレイドンに殺害されてしまい、精神の不調を来してX-メンに身を寄せたこともあった。宿敵のウルヴァリンとは幾度にも渡って死闘を繰り広げてきたが、ヒーリングファクターを封じる力のあるムラマサブレードで首を斬り落とされ死亡した。 3. 精神攻撃を行う「テレパシー」 の2つ。 身体をダイヤモンドにすることの最大のメリットは、高い防御力で、戦闘において非常に有効な能力。さらに「テレパス」としても優秀で、プロフェッサーXには及ばないものの、精神攻撃やマインドコントロールを行うことができる。 映画では、セバスチャン・ショウの側近として活躍しました。エマフロストがなぜか続編で若返っている矛盾についてもまとめてあります。.

X men 登場 人物

email: xafecut@gmail.com - phone:(381) 610-1181 x 4669

10 7 公開 映画 - キャスト

-> しょう ふ
-> The snowman 2017

X men 登場 人物 -


Sitemap 1

みん 評 - ごくせん キャスト